より便利にスムーズに

PC操作

聞いて書くより話して書く

国の機関における議事や手続きでは速記者がいて、速やかに内容を記録していく環境も整えられていますが、一般企業においては速記者を用意するのではなく、会議に参加したメンバーやセミナーや講演会などを運用するスタッフが内容の記録を図るのが基本です。かつては会議の議事録といえば要点だけや大まかな流れだけをまとめたものが主流でしたが、近年の情報化社会では誰がどのタイミングで何を言ったのかが重要になることがあり、一人一人の発言も一言一句漏らさないように記録する流れができています。そのため、全ての内容をICレコーダーなどで録音したうえで、後から聞き直して書き起こすという作業がなされています。一度でも経験があれば、一言一句逃さないように聞いて書くというのは難しい作業で、何度も聞き直す手間と時間もかかってしまいます。こうした状況を打開してくれるのが、音声自動化ソフトやサービスです。音声自動化の機能はAIが聞きとった内容を文章化してくれるので、聞いて書く手間から解放されます。内容の誤認や変換ミスなどがないかのチェックは必要ですが、一から人間が書き起こしていくよりは、音声自動化を利用することでスピードがアップでき、業務効率も上がります。他人の発言を聞き起こししたい際はもちろん、文書の作成が面倒、手を動かすのが付かれたといった時にも便利です。キーボードを懸命に打つのに疲れたら、話して書いてもらうという音声自動化ソフトやサービスを利用して、書類作成もスムーズに進められます